fbpx

Little Forest

日本の子供教育に革命を起こすクラウドファンディングのご紹介

いつもLittle Forestをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日は、協業している「日本視覚障がい者美容協会(Japan Beauty Blind=JBB)」が挑戦するクラウドファンディングをお知らせです。4月23日~5月25日【日本の子供教育に革命を起こす!点字を取り入れたダイバーシティな自由帳を作りたい】というタイトルで実施いたします。

わたしが見えていなかったもの。JBBとLittle Forestの関係

JBBは、“いつ見えなくなっても怖くない世界”を掲げて、視覚障がいをお持ち女性の美容とお洒落をサポートしている協会です。Little Forestのオーナーである私ですが、実はJBBの理事としても活動しておりまして、見えない・見えにくい方へアクセサリーや雑貨のご紹介や、音声メディアのVoicyで「音で読めるファッション雑誌」チャンネルのパーソナリティとして配信をさせていただいたりしています。

JBBの活動は、「見えているからこそ全く見えていなかったこと」を沢山教えてくれました。例えば、一目みて「可愛い!」と思うアクセサリーなども、見えない方にとっては全てが「無いもの」となっていました。

「点字」は優れた言葉のシステム

それから「点字」です。点字は、たった6つの点で構成されている、視覚障がい者の方が言葉を触って読み取る手段のひとつですが、知れば知るほどその優れた言葉のシステムに感心しました。けれども大人になってから覚えるのは難しく、私はお品物を視覚障がい者の方に送るときにはショップカードや明細書に点字を打っているのですが、まだまだ平仮名全ても覚えることができていません。中途失明の方は、とても困難であるということを実感します。

JBBが挑戦するクラウドファンディングは、「点字を取り入れたダイバーシティな自由帳をつくりたい」

そんな時に、未来を担う子供たちに小さいときから点字に触れてもらうために「点字を取り入れた自由帳」が考案されました。サンプルが出来上がり、テストとして子供たちに使用してもらったところ、子供のころから点字に触れてもらうことは、想像していた以上にメリットしかないと言えました。

「触読」で言葉の意味を理解することは子供たちの学習意欲を高めて、また「見えないとはどういうことなのか」障がいに対して理解して多様性を育むことができます。友人・親子で話す機会も増え、コミュニケーションの活性に繋がりました。自由帳には、子どもたちに知って欲しいフレーズが書かれていますので語彙力も身についていくのです。

詳細はプロジェクトページに。

私目線で色々と記載いたしましたが、JBBが目指す「いつ見えなくなっても怖くない世界」について、下記のプロジェクトページにまとまっておりますので是非ご覧ください。ご支援は4月23日から可能となります。

https://camp-fire.jp/projects/375455/preview?token=hih8ckx8

是非ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

毎日聞いて!Voice it

こちらのQRは音声QRです。

プロジェクト期間中(4月23日~5月25日)、毎日更新されますので是非スキャンしてお聞きください。JBBの視覚障がい者が音声で発信しています。

 

Little Forest

What’s HOT

全国各地のクリエイターから届いたアクセサリーと雑貨のセレクトショップ

全国各地のクリエイターから届いた
アクセサリーと雑貨のセレクトショップ
手仕事・手づくりから生まれる
たのしいもの・やさしいもの・あたらしいもの

取り扱う商品の全ては、選りすぐりのクリエイターに別注した「世界にひとつの作品」のみ。 お洒落に敏感な世代の方々へ、特別なデザインやディティールで、日々のコーディネートをお楽しみいただけるファッション性が高いハンドメイドのアクセサリーと雑貨を品揃えしています。 作品に込められた数多な拘りや想いから、おすすめできる理由を伝えます
月に一度イベント出店・開催をしています。直近のイベントをこちらでご案内します。

一般社団法人日本視覚障がい者美容協会と連携して活動しています。
定期的にファッション・ハンドメイド情報のコラムを掲載しています。