Little Forest

冬も終わり、春からまた新しい暮らしがやってきます。今回は新生活にもぴったりな、トルコの手編みの技術で1点物のバスケットを創作する「sabineko」さんのバスケットをご紹介いたします。

色彩を柔らかく飾る

ぷっくらと丸いフォルムが特徴的なバスケットは、眺めていたくなるような可愛らしい存在感です。手編みだからこそ、そのボリューム感でも主張しすぎずに、優しくお部屋の中に溶け込み、柔らかい印象で飾っていただけます。いい意味で見た目より重量があるので、安定感のある小物入れとしても活躍します。

優しい素材だからキズつきやすい物を入れる

バスケットは全て「Tシャツヤーン」という糸を使用しています。TシャツヤーンはTシャツをリサイクルして出来た糸です。コットン生地を使用しているため、貴金属類を傷つけにくいと言われています。そのため小さいサイズのバスケットは、アクセサリーや眼鏡入れ・ご自宅の鍵入れとしての使い方もお勧めです。

伸縮する使い勝手の良さ

Tシャツ由来のバスケットは伸縮性も兼ね揃えています。置いているときはしっかりとした安定感ですが、写真のように小さくもなります。コンパクトに持ち歩きもできて、細かい実用性にも優れています。職場や出先で、お菓子のお裾分けなどに便利とのお声もいただいております。

重ねたり・並べたり、「みせる」楽しさ

「sabineko」さんが展開するバスケットは、サイズ感が同じものであれば、上に重ねて愛らしいバランス感を楽しんでいただけます。

収納としての用途ではフタ代わりともなり、少し大雑把に置いていただいてもその傾き具合もお洒落に見えるから不思議です。

サイズ感もバリエーション豊富に展開しているので、組み合わせて並べてバスケットのある生活の魅力を感じていただきたいです。

様々な活用方法をInstagramで

「sabineko」さんのInstagramでは、様々なバスケットの使い方もご覧いただけます。ぽっこりとしたバスケットとサボテンの組み合わせは意外性もありつつ、とてもチャーミングなアイデアですよね。是非ご参考に、新生活に向けたお部屋づくりにオリジナルバスケットを飾ってみてください。

また、「sabineko」さんは、今年3月「ハンドメイド・カーニバル」にご出展予定ですので、実際にバスケットをご覧頂けるチャンスです。お近くの方は是非お立ち寄りください。

[ハンドメイドカーニバル] 3月16日(土)12:00~19:00 1番ブース
梅田スカイビルB1F https://tzkuri.com/shop/handmade-carnival

LittleForestのみで販売している「sabineko」さんのオリジナルバスケットはこちらからご覧ください。

ブランドについて – sabineko(サビネコ)

「ozdesignn」さんが創るバスケットに憧れてトルコで技術を学んでき大西さんが、「可愛い手編みのバスケット」をコンセプトに、立ち上げたブランド。

日本では入手しづらい、Tシャツ生地をリサイクルしたTシャツヤーンという糸を使って、色彩豊かなオリジナルバスケットを作っている。

パステル調の色合わせと、ぷっくらと可愛いフォルムが特徴的。適度な堅さを持たせることも意識し、ひとつひとつを手編みで製作している。

sabinekoブランド紹介