Little Forest

ブランドから探す

Screenshot

to U

 「世界にひとりだけのあなたへ」をコンセプトに、すべて一点モノのアイテムを、アジアを中心に国、文化、人からインスピレーションを得て一つひとつ想いを込めて製作。日本をはじめバングラデシュ、ベトナム、アフリカなどさまざまな国の生地を使った洋服から、余った生地の素材感を活かしたアクセサリーまで展開。
Screenshot

ateliermii

千葉県八千代市の革職人の工房。革製品の受注生産から販売活動までを行っている。「使われる環境に馴染んでいく感触」を革素材の良さとし、.便利さや使って愛着が湧いてくることをイメージして手仕事で製作。顧客の依頼に応じて、製作工程から細やかな仕様まで吟味し、妥協することなく、ひとつひとつを美しい佇まいで仕上げられている。
Screenshot

choco

「ワクワクする物」「可愛い物」を商品コンセプトに布小物・アクセサリーを展開。独学の自由なミシン技術で、好きなデザインを自由自在にカタチにする。既製品にはない生地の組み合わせを楽しむことを大切にしているので、どこか親しみのわくデザインも魅力のひとつ。
Screenshot

fou.p

ひとつひとつ手縫いで作るロゼット専門ブランド。「パッと見ただけで丁寧に作っている」と分かるロゼットは、リボンプリーツを縫う力加減や幅の調整は手縫いでないとできないと考え、一針一針縫うことを大切にしている。お子様が使うことも多いので、誤飲しないようパールをしっかり付けることも母親目線で気にかけているポイント。minneでは販売実績300回を超える人気ブランド。
Screenshot

futashiba248

futashiba248(フタシバ)は地域密着/草木染め作家が立ち上げたブランド。「自然にfocus」をブランドコンセプトに現在は故郷の茨城を拠点に活動。染料は実際に農家様にお会いし、値段がつかないものをいただいて染色をしている。
Screenshot

mahanahana

“mahanahana”はタヒチ語で「太陽のように暖かい」。海の素材を使用した作品を手がけるハンドメイド作家さんによるブランドで、貝殻やサンゴなどの自然の賜物から女性の美しさを引き出すアクセサリーを製作。商品コンセプトは「自然美」で、人の手では再現することの出来ない色や風合いには、自然の恵みによる魅力がつまっている。
Screenshot

malle la brocante

malle la brocante(マル ラ ブロカント)はオリジナルお洋服ブランドarmoire*(アルモワール)やフランス全土の蚤の市、ブロカントで買い付けた古くて可愛いもの、お気に入りのお洋服、フレンチな風合いの雑貨などを取り扱うお店。選りすぐりのヴィンテージパーツや天然石を使ったアクセサリーも手仕事で製作を行っている。
Screenshot

na7 Accessorydesign

個性を彩る一点物の刺繍アクセサリーブランド。自分の作品を誰かが身につけてくれることに感動したのが続けたいと思ったことがきっかけで「na7 accessorydesign」を立ち上げる。製作をしていくうちに、自分にしか作れないものを作りたいと思い、刺繍アクセサリーをはじめる。
「この作品を手に取ってくれるのはどんな方だろう」と考えながら、一針一針丁寧に手縫し、納得のいくまで時間をかけている。
Screenshot

Nando Jewelry

『何度も見てしまう』 Nando Jewelry (ナンド ジュエリー)
ジュエリーデザイナーが立ち上げた2つめのブランド。何度も見てしまう、をテーマに金属と天然石等で作り上げた色鮮やかなジュエリーと、全く同じ形で作られたアクリルやガラス等の透明素材製のオールクリアジュエリー。それらの対比を楽しむMarble Assemble Serieseを展開している。
Screenshot

あの森

あの森は深い深い記憶の底に存在する森
幾重にも重なる薄い膜を纏う
満月の夜 レースカーテンのように靡く膜を記憶と共に束ねた一点ものたち
オーガンジーで包まれることで母体のような繊細で女性的な色合いを表現しています
Screenshot

persikka

商品コンセプトは、「色に、糸に、恋をする」刺繍アクセサリーブランド。
恋をすると、その対象が愛おしくなる様に、作品に対しても恋をして、一緒に出掛けたい、大切にしたいと思えるような、作品を心がけて製作。そんなブランドが展開するアクセサリーの全ては、強度を重視しつつも、ふんわりとした糸の柔らかさ・優しさを表現。
Screenshot

poco工房

オーガニックコットンとUSAコットンの「オーダーメイドわんちゃん服」と「雑貨」のハンドメイド専門店。
生活必需品ではない雑貨たち。 それだけに使う人が、楽しくなったりほっこりしたり、思わず自慢したくなるような小物を展開。「綺麗で個性的な色柄使い・美しい仕上がり・型崩れしにくく丈夫で長持ち」
Screenshot

sabineko

「マシュマロバスケット」は、トルコ由来の手法で仕立てた丸いシルエットが特徴的なオリジナルのバスケット。日本では入手しづらい、Tシャツ生地をリサイクルしたTシャツヤーンという糸のパステル調のマルチカラーが際立つ。重ねる・並べる、見せるインテリア雑貨
Screenshot

True Bloom-KOBE

「優しい気持ち」を商品テーマに、生け花をリアルに再現した染め花で、リースやブーケ、髪飾りやアクセサリーの製作を行っているブランド。染花は全て手染めで、気に入った色になるまで何度も調合し、花の色味を再現。同じものが二つとない生け花だから、染め花も適度な緩さをもって製作することを大切にしている。
Screenshot

Wataco Kiyoshi

きっかけは、清綿子さん自身の大失恋の経験から。
積み上げてきたものがすべて崩れていったときに、ひと針縫えば必ずひと目進む、その確かさに勇気づけられ、刺繍に没頭。
そのときに勇気づけられた言葉たちを持って歩けたらと考え、ことばとそのことばが持つ情景を刺繍した「ことばハンカチ」が誕生した。
工業製品のようなルーティーンな縫い方にならないように、手刺繍ならではの揺れを大切にしている。
Screenshot

SUGAR

世界に一つだけのハーバリウム・ジェルを製作するハンドメイド作家によるブランド。千葉県四街道の自宅サロンでハーバリウム講師としても活動している。「お部屋をオシャレに彩るインテリア作品」をテーマに、使用するお花にもこだわり、プリザードフラワー・ドライフラワーを組み合わせてコーディネートする。純度の高い専用オイルにお花の美しさをそのまま閉じ込めて、みずみずしく長く綺麗に飾れるオリジナルのハーバリウムを実現。
Screenshot

アンフルール

約18年以上にわたりトールペイント教室を運営。「アンフルール」は、フランス語の「Une fleur」に由来。薔薇の花の絵を得意としていて、トールペイントの技術をもちいて、小物や布、ティン、陶器など、様々なモノに絵を描く。上品な柔らかい色づかいとアーティストならではの、細やかなタッチが特徴。古い家具の再生も行っていて、他では買えないようなカラーの家具の展開もしている。
Screenshot

tantakatan

陶芸作家さんによるブランド。模様は赤ちゃんの丸みを意識し、色は釉薬を使って淡く優しいイメージに。そして出来るだけ直線的にならないように意識して製作。出産から子育てを通じて、最短距離で物事を進めることが全てではないことに、何度も直面したという作家さん。その経験から、綺麗に仕上げること以上に、一歩一歩を楽しみながら作っている。優しさと生命力が宿った陶芸作品を展開。

 

全国各地のクリエイターから届いたアクセサリーと雑貨のセレクトショップ

全国各地のクリエイターから届いた
アクセサリーと雑貨のセレクトショップ
手仕事・手づくりから生まれる
たのしいもの・やさしいもの・あたらしいもの

取り扱う商品の全ては、選りすぐりのクリエイターに別注した「世界にひとつの作品」のみ。 お洒落に敏感な世代の方々へ、特別なデザインやディティールで、日々のコーディネートをお楽しみいただけるファッション性が高いハンドメイドのアクセサリーと雑貨を品揃えしています。 作品に込められた数多な拘りや想いから、おすすめできる理由を伝えます