Little Forest

すべての女性へ綴られた、ことばのハンカチ

「ことばのハンカチ」をつくっている「Wataco Kiyoshi」さんと共同企画として実現したハンカチです。

「自分で自分を許すこと、許可を与えること」という想いをこめて、綿子さんが表現されたことばを刺繍にのせて綴っています。

女性の手を表現された人差し指には、銀色の蝶がとまっている情景を、3種類の白の糸を使って表現されています。

純白の糸、雪色の糸、出雲大社の縁結びの糸です。「縁結びの糸」は、綿子さんが刺繍教室で使用したとき、生徒さんの気になる男性から数年ぶりに電話がかかってきたいうエピソードもある糸で、今回“蝶々”の部分に使用されています。

「微妙に異なるニュアンスの白を使うことで、陰影や柔らかさ、光を表現しました(清綿子さん)」 その言葉通り、刺繍の繊細な美しさと淡い色彩に思わず見入ってしまい、すっと言葉が心の奥にはいってくるような、心に響く作品です。

綿子さんの詩と合わせてお送りいたします。「自分自身へ」「大切な誰かへ」、優しい言葉を贈ってみませんか。

清綿子さんより

他人に「いいね」や「いいな」ばかりを言って、大切な自分を置き去りにしてしまったとき。仕事や育児、恋愛のなかで、自信をなくしてしまったとき。新しい世界へ飛び込むとき。このハンカチが背中をそっと押せたらいいなと思います。

  • ブランド:Wataco Kiyoshi
  • 素材:ハンカチ(綿100%、レース:レーヨン、綿)、刺繍糸
  • サイズ:25㎝×25㎝
  • 重さ:0.6g
  • 型番:WTK-HKC0001
  • 全て手仕事のため、個体差がございます。
  • 品物は右下に刺繍があるもの、左下に刺繍があるものがございます。お選びできかねますのでご了承のほどお願いいたします。
  • 刺繍部分は大変繊細でございますので、お洗濯方法は優しく手洗いでお願いしております。

ブランドについて – Wataco Kiyoshi(ワタコ キヨシ)

きっかけは、清綿子さん自身の大失恋の経験から。
積み上げてきたものがすべて崩れていったときに、ひと針縫えば必ずひと目進む、その確かさに勇気づけられ、刺繍に没頭。
そのときに勇気づけられた言葉たちを持って歩けたらと考え、ことばとそのことばが持つ情景を刺繍した「ことばハンカチ」が誕生した。
工業製品のようなルーティーンな縫い方にならないように、手刺繍ならではの揺れを大切にしている。